退職代行の問題点

退職代行でトラブル事例や問題点はあるのか|利用の際の注意点も解説

退職代行でトラブル事例や問題点はあるのか

問題点、トラブル事例を紹介します。

これから退職代行の利用を検討している方の役に立つことができればと思います。

退職代行でトラブル事例や問題点はあるのか

お金を支払った後に詐欺が発覚したケースがあるようです。

退職代行サービスの認知度、サービスを行う企業が増えることで
一部悪質な企業があるようです。入金後に連絡が取れなくなるようです。

このようなトラブルを回避するために、特商法に関する記述は注意して確認しましょう。

業者の連絡先、住所、氏名などが載っています。件数としては非常に少ないですが、詐欺のリスクを頭に入れておくことで被害を防ぐことができるかもしれません。

そして、退職代行はどこまでの期間対応してもらえるのか契約時には確認して下さい。

離職票を受け取るまで仲介してくれるのか否かは、退職代行企業と利用者で見解の違いが起こることがあります。

退職代行企業によってサービスの内容が少々異なりますので細かい内容までしっかり確認して下さい。

退職代行はあなたが務めている会社と交渉を代行してくれます。

交渉の際は弁護士以外が行うと弁護士法違反になります。

退職日の交渉や残業代の交渉は弁護士にしかできないので、その点は確認して下さい。

退職代行を利用する際の注意点

会社を辞めたくてもなかなか言い出せない、退職させてくれないといった問題点を抱えている方は少なからずいると思います。

辞めたくても辞められないというのは本人にとって大きなストレスとなります。

本人の希望としてはできるだけ早く辞めたい、会社に行きたくない、上司の顔を見たくないなどいろんな思いがあると思います。

サービスの内容をしっかり確認すること

退職代行サービスはネットで検索すると多くのものがあることがわかります。

サービスの価格は違いがありますので内容をしっかり確認してください。

自分が勤めている勤務形態による違いもあります。正社員、派遣、アルバイト、パートなどです。

激安価格で受けることができるサービスを目にしますが、追加料金が必要になることがあるようです。

トータルでは結構な金額が必要になるケースがあるので注意しましょう。

社内でのトラブルが原因の場合

社内でのトラブルが原因で退職を考えている方がいると思いますが、トラブルの解決はサービス内容に入っていません。

退職してからも解決しなければならないトラブルの場合は他のサービスを利用するか、自身で解決の必要があるのでサービス範囲は誤解に注意です。

パワハラ、セクハラ、賃金未払いなど法的なトラブルはサービス範囲外になります。

どれくらいの時間で動いてくれるか確認

退職代行サービスを利用する場合はスピードが重要となります。

相談後どれくらいの時間で動いてくれるか確認しましょう。

早い場合は契約後、入金次第翌日に退職手続きに動いてくれます。

退職代行サービスとの連絡の取りやすさは選ぶ際に重要になります。

最近ではこのサービスの認知度が高まり、需要も非常に大きいです。

必要としている方が多くいることでなかなか連絡が取りづらい場合があります。
顧客を多く抱えている退職代行サービスは特に連絡が取りずらいです。

連絡が取りやすく、なるべく早く退職手続きが行えるところを選びましょう。

まとめ

利用料金は3万円から10万円が多いです。ネットで十分に情報を集めてからの利用をおすすめします。

退職の際の手続きは心労があったり、なかなか言い出せずに長い期間たっているということがあります。

 

転職者は年々増加しておりますが、退職の際が一番面倒に感じている方は多いと思います。

新しい道を歩むために退職代行サービスを利用するのは賢明な考えだと思います。

退職代行の利用者も増えており、これからもっと必要にされるサービスのように感じます。

一人でも退職のことで悩む方が少なくなるように願います。