各退職代行サービスの解説

退職代行スタートラインのメリット・デメリット

退職代行スタートラインのメリット・デメリット

「退職したいのに退職できない…」

もう会社を辞めようと勇気を振り絞って言っても、会社や上司から、

「次の採用が決まるまで、もう少し働いてくれ。」

と退職の意思表示をうやむやにされると、退職することがハードルの高い事に思えてしまいますよね。

そんな時は、迷わず退職代行を利用しましょう。

会社に対して「辞めます」とキッパリと言えないあなたの代わりに退職手続きを代行してくれます。

この記事ではそんなあなたの″一歩踏み出す勇気″のお手伝いをしてくれる退職代行サービス、「退職代行スタートライン」を紹介します。

退職代行スタートラインの特徴

スタートラインの料金

雇用形態を問わず、一律4万円(税別)となっています。

他の退職代行業者の中では利用料金が3万円以下のところが多い中、少しだけ高めの価格設定です。

しかし、退職代行スタートラインでは専属の行政書士が書類の作成を行っていたり、法律的な対処は顧問弁護士が対応することからこの料金も妥当と言えるでしょう。

スタートラインの特徴

退職代行スタートラインは元々は個人事業主の創業サポート、そして起業時の開業サポートを行ってきた会社です。

起業する方のなかには、既に退職した人の他にもまだお勤め中の方も多数いたでしょう。

しかし、順調なスタートを切れると思いきや、

「残務処理の為まだ会社の残らなければならない」

「結局辞められそうもないので、せっかく会社を設立したけどいきなり休眠会社になります」

といったことなどがよくあったそうです。

起業のために準備したのに…非常に残念ですよね。

退職代行 スタートラインはそんな経験から、しっかり退職することができれば次のスタートラインに立てる。

そう考え、創業支援・開業サポートと合わせて、退職代行も請け負うようになりました。

そんな経験から退職代行 スタートラインは、起業・創業サポートも可能な退職代行サービスとなっています。

退職代行スタートラインで実際に退職するまでの流れ

①退職代行スタートラインへ問い合わせ

電話・メールに対応しているので、気軽に問い合わせ、相談しましょう。

②振込・クレジットカード支払い

相談した後は雇用形態に応じた代行費用を銀行振込み、もしくはクレジットカードで支払います。

万一退職できない場合は、全額返金してくれるようなので安心です。

③打ち合わせ

退職の日にちや退職後の手続きなどの打ち合わせをします。

⑤ 退職手続きの実行

これで退職が完了します。

退職代行スタートラインのメリット・デメリット

スタートラインのメリット

①創業支援

退職、起業し法人化する理由は様々だと思います。

しかし、何をどうすればいいのか不安な方もいるでしょう。

そんな時はスタートラインなら、多くの起業・創業に携わった経験を活かして、失敗しない創業をお手伝いしてくれます。

②融資の相談が可能

例えば、創業にあたり資金が必要な場合は融資の相談が可能なようです。

一般的な退職代行サービスでは、そこまで相談に乗ってくれるところは聞きません。
大きなメリットと言えるでしょう。

スタートラインのデメリット

「利用料金が少し高い」

他の退職代行サービスは安いところだと料金が3万円を下回ることも多く、それらと比べると利用料金が少し高いのが難点かもしれません。

ただ、他の退職代行サービスでは見かけない、創業サポートなどがあることから価格設定は適切でしょう。

まとめ

退職することは非常に多くのエネルギーを必要としますよね。

会社や同僚、上司に気を遣ったりして、ものすごくしんどいです。

「退職代行 スタートライン」はそんなあなたの味方です。

そのエネルギーを新たな人生で使って頑張っていくため、退職して人生の新しいスタートを切りましょう!