退職代行に対するイメージ

退職代行での退職はありえない?世間の反応は…

最近よく耳にする退職代行。

まだ、利用したことがある方はあまりいないかもしれません。

今後利用を考えているけど「社会人として恥ずかしいのでは?」「卑怯と思われない?」「自分で言えないなんて情けない」という思いがよぎったりしていませんか?

そんな方のために、退職代行に対して世間はどうみているのか?を調査してみました。

世間の反応 :否定派の意見

・退職代行を軽い気持ちで使うと、ブラックリストに載ってしまう可能性があるのでは?

・また退職代行か、甘ったれるな。辞めるなら自分で言え

・おの会社に入る決断をしたのはあなたで、辞める決断をしたのもあなた。都合が悪くなってお金を払って解決するのは卑怯

・退職代行を利用すると、コミュニケーションスキルや、人間的成長につながらない。自分で決めて、自分で解決することができない人はどこに行っても仕事はできない

世間の反応:肯定派の意見

・いまだに退職代行に嫌悪感を持っている人が多いようだが、違法企業の方が悪で、取り返しがつかなくなる前に早めに辞めるべき

・退職代行って「お前の代わりに仕事辞めておいたよ。だから頑張れよ」と言われているような感じがする

・自分で辞意を言えないのは社会人として恥ずかしいのではとも思うが、人間関係が煩わしかったり、会社の上司や先輩に恵まれてないなら、退職代行もアリだと思う

・退職代行の料金設定は絶妙で、サービスとして素晴らしい。

・辞めることを伝えたのに辞められない、という状況下では退職代行はアリだとおもう。でも、辞めたいということすら伝えられないまま退職代行を利用するのは、経験や成長の機会を失っていると思う

ありえなくても、一番大切なのは自分の体と心

やはり“退職代行なんて逃げ”や、“辞めることくらい自分で伝えられないなんて社会人として恥ずかしくないのか”というような、否定的な意見が多かったですが、思ったより肯定的な意見が多かったのも印象的でした。

他人はあなたの状況を知らない

たとえ他人が「退職代行なんてありえない」と思っていても、その人はあなたの状況を知りません。

もしあなたの会社がブラック企業だったり、嫌な上司がいて精神的に大きなストレスを感じているとしたら、会社を辞めないことが取り返しのつかないことになる危険性も大いにあります。

否定的な意見は、新しいサービスが普及してくるタイミングでは必ず起こる現象ですので、一意見として「そういう考え方もあるんだ」くらいに捉えておけばOKです。

ブラックリストには載らないのでご安心を

ちなみに人材業界においては、金融業界にあるような各社が共通して利用するようなブラックリストはありません。

法律で禁止されているからです。

その人が働いていたということや、どういう経緯で辞めたのかということも、個人情報なので守秘することが法律で決められています。(個人情報保護法)

そのため、同一企業に復職をしようと思わない限りは、退職代行を利用したということは知られることはあり得ないので、安心してください。

まとめ:人生取り返しのつかないことになる前に

筆者も仕事柄いろいろな職歴や人生を送っている方を毎日3名~5名面接をしていますが、仕事が原因で精神疾患を発病し、再発を繰り返して仕事が安定しない方もいます。

また、長期間の投薬の副作用でろれつが回らなかったり、手の震えが止まらず字が書けなかったりする方もよくお見受けします。

ニュースでは、ブラック企業で働いている人が自分の命を絶ったというような報道も見ます。

精神的に追い詰められているときは、だれでも冷静に物事を判断することはできません。

そんなときこそ“逃げ”“恥”“卑怯”などの言葉は一切無視して、一刻も早く退職代行に頼るべきです。

自分を守ることは、自分にしかできないのですから。