【まとめ】退職代行業者・弁護士の紹介

退職代行 RETIREの特徴とメリット・デメリット

退職代行 RETIREの特徴とメリット・デメリット

今、仕事を辞めようと考えているが会社に言えない。

上司に言う勇気がでない。

そんな人は、退職代行サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

本記事では、退職代行サービスの「RETIRE」について紹介します。

退職代行RETIREの特徴・料金

退職する依頼者や会社に影響がでないように、しっかりと対応することで人気があるサービスです。

退職代行RETIREの特徴

退職の際、辞める側の要望と会社の要望が食い違い、給料の支払いなどのトラブルが起きることも。

RETIREではそのようなことがないように、円滑に退職を行えるよう最後までしっかりとサポートしてくれます。

退職代行RETIREの料金

システム利用料金が20,000円〜40,000円、連絡作業金が10,000円となっています。

※システム利用料金は、雇用形態や勤務期間などによって変わります。

そのため、30,000円〜50,000円程度は必要と考えておいて下さい。

退職代行 RETIREで実際に退職するまでの流れ

退職代行 RETIREでサービスを利用する際の流れを説明します。

ここにボックスタイトルを入力

①無料相談をする

②サービス開始

③退職完了

①無料相談をする
電話やメールでRETIREに連絡をし、現在の状況や退職についての考えを伝えましょう。

電話する前に、現在の状況を箇条書きでもOKなので、メモを取っておくことをおススメします。

 

②料金を支払う
無料相談を行った納得され退職代行 RETIREを利用する際は料金を支払って下さい。

 

②サービス開始
支払い完了後、退職代行業務が開始されます。

 

③退職完了
健康保険証・社用品の返却対応、会社から離職票などの書類を受け取って退職完了となります。

 

退職代行 RETIREのメリット・デメリット

 

退職代行 RETIREのメリット

・業界トップクラスのスピード対応
・社会保険労務士が対応してくれる

即日退職を希望する人もいます。

普通、即日退職なんて難しいと思われますが、雇用主が同意すれば即日退職も実現可能です。

退職代行 RETIREのデメリット

・交渉事はできない

損害賠償請求を目的とされている場合、弁護士ではないので対応できません。

弁護士に依頼するのか退職サービスへ依頼するのか、最初の相談の時に明確にしておくことが必要です。

まとめ

退職代行 RETIREでは、無料相談の段階からしっかり内容を、即対応を行って貰うことができます。

悩んで体調を崩してしまうのは我慢ではありません。

体を壊す前に、退職代行の利用を検討してみてくださいね。

>>>退職代行 RETIRE 公式ホームページ