退職代行に関する疑問

なぜ退職代行サービスが人気に?直接会社に伝えられない理由とは

なぜ退職代行サービスが人気に?直接会社に伝えられない理由とは

現在、退職代行サービスが人気を集めています。

退職代行サービスとは、「退職したい」と本人に代わって退職代行業者が会社に対し、退職の意思を代行して伝えるサービスです。

「もう出勤したくない」「上司に退職届を提出しても受理してもらえない」など、様々な理由が重なり、退職代行サービスに依頼をする人が増加しています。

この記事では、なぜ退職代行サービスに人気が集まっているのか、その背景に迫っていきます。

なぜ退職代行サービスの利用が増えているのか

なぜ退職代行サービスの利用が増えているのか

なぜ退職代行サービスを利用している人が増えているのでしょうか。

それは、自分で退職の意思を会社に伝えることが難しいから。

具体的な理由としては、

・怒られそうで怖いから
・引き留められるから
・退職を切り出す雰囲気ではないから
・退職を聞き入れてもらえない
・大きなミスをしてしまい、逃げ出したいから
・精神的に限界が来ている

などがあげられ、特に自己都合の場合は上司に言いにくい面もあります。

 

会社が社員の退職を引き留める理由には「会社の期待」と「人材不足」が特に多いです。

ただ、会社側の都合が理由になろうと、相談しにくい上司が増加したことで退職代行サービスの利用増加につながっていることは事実だと言えるのです。

怒られそうで怖いから

「退職したい」なんて言い出したら怒られるんじゃないか…

怒られそうで怖いから、という理由で退職代行を使う人もいます。

特にいつも怒られるような環境にいる場合です。

上司と話せばいつも怒られる、怒鳴り散らしているを見る…なんて状況では退職代行を使わざるを得ないですよね。

引き留められるから

社員が退職することは会社にとって大きな痛手。

特に役職についている人や、若年層の人材の退職はダメージが大きいです。

だから企業は退職を引き留めてくるんですね。

よくある引き留めとして、「人手不足を理由にしてくる」「情に訴えかけてくる」というものがあります。

人手不足

人材不足を理由に、退職日を少しでも延ばそうと考えている上司は意外と多いです。

よく「後任が見つかるまでしごとを続けてほしい」と言ってくる上司もいますが、後任の用意が予定通りに進むとは限らず、結果退職できないことに繋がりかねません

情に訴えかけてくる

引き留めるにあたり、情に訴えてくる上司は多く、「会社にとって必要な人材なんだ」と言われると、嫌な気持ちになる人はおらず、日ごろの仕事ぶりが認められていると思う人もいます。

情に訴えられると辞めにくい気持ちになってしまうものです。

 

こうなってしまうと自分の力だけで辞めるのは難しいので、退職代行サービスに依頼をする方が早いと言えます。

退職を切り出す雰囲気ではないから

退職を伝えたい気持ちはあるが、言い出せない雰囲気や時期はあります。

・繁忙期だから言いにくい
・上司が忙しいから言えない
・人間関係が良くない

などといった環境が影響して、退職代行サービスに依頼をすることが考えられます。

さらには、こんな状況も考えられます。

ピリピリしている

繁忙期の時期は、「忙しい」、「休憩が取れない」、「休めない」と職場の雰囲気も良くないことから、退職を伝えにくい時期でもあります。

ピリピリしている上司や同僚に退職を伝えることは、とても勇気がいることだと思います。

また、人間環境が悪い職場では「裏切者」など悪者になってしまう可能性が高いです。

入社直後で言いにくい

「想像していた社風と違った」、「自分には向いていない仕事だ」と思い、入社直後に辞めたいと思う人は意外と多いです。

しかし、退職を伝えることが恥ずかしいと感じたり、周りからも情けないと思われることが嫌な人も多いはず。

自分も「頑張ります」と意気込んで入社したけれど、すぐに退職となると自分では言いにくいですね。

退職を聞き入れてもらえない

法律上、労働者が退職を伝えてから2週間後には退職できます。

しかし、就業規則で「1ヵ月前に退職の申し出が必要」としている会社が多く、急な退職は受け入れてもらいにくいんですね。

しかも、最初から法律の話をしてしまうと、退職までのあいだに人間関係が悪化してしまいます。

ある程度の話し合いは必要なことですが、退職できる道筋が想像できない場合は、退職代行サービスに依頼をすることが一番早い解決方法です。

大きなミスをしてしまい、逃げ出したいから

担当している仕事で大きなミスがあり、相手の会社や自分の会社、上司や同僚に迷惑がかかり、合わせる顔がなくて退職を考えている人もいます。

「責任を取って会社を辞めます」と上司に言いたいが、プライドが高く言えない人もいるのです。

また同じミスの繰り返しやクレーム対応などを考えると、会社から逃げ出したくなる気持ちになり、上司や同僚に合わせる顔がないと考えてしまうのです。

精神的に限界が来ている

過酷な労働環境やパワハラなどで、精神的に辛いと感じている人が1番多いのかもしれません。

精神的に限界がきていることが分かっていて、無理矢理続けると「うつ病」になってしまう可能性が高くなります。

会社に向かうことを考えただけで精神的な疲労を感じる場合は、自分で退職を伝えることもできません。


退職代行サービスは、「上司が怖い」、「精神的に限界を感じている人」、「辞めると言えない」など、自分では言えない場合や言える環境ではない人に利用されています。

また、退職代行サービスを利用する人は「介護士」、「建設業」、「飲食業」などブラック企業が目立つ業種で働いている人が多いです。

雇用形態別では、正社員が半数以上利用しています。


 

まとめ:退職代行は悩める人の救世主!

まとめ:退職代行は悩める人の救世主!

直接会社に退職を伝えられる状態ではないケースが増え、退職代行サービスの需要が増々高まっています。

嫌々会社で働くようであれば、会社にとってもあなたにとっても生産的ではありません。

もし、あなたが会社に退職届を受理してもらえない場合や精神的に限界が訪れた場合は、すぐにでも退職代行サービスを利用しましょう!

 

なお当サイトでは、信頼のできるおすすめの退職代行業者も紹介しています。

ぜひ併せてご覧ください。

信頼のできるおすすめの退職代行業者

「退職代行業者、多すぎてどこを選んだらいいか分からない…」という人もいるかと思います。

そんな人は、以下の3つのうちからどれかを選んでおけば間違いありません!

①退職代行SARABA
退職できなければ全額返金!27,000円で退職可能な退職代行サービス

>>まずはSARABAの詳細をチェック
>>今すぐSARABAで退職する!

 

②退職代行ニコイチ
退職成功率100%継続中!退職代行実績14年の老舗サービス

>>まずはニコイチの詳細をチェック
>>今すぐニコイチで退職する!

 

③弁護士法人みやび(汐留パートナーズ法律事務所)
残業代・有休消化請求可能!弁護士によるフルサポート付きの退職代行サービス

>>まずは弁護士法人みやびの詳細をチェック
>>今すぐ弁護士法人みやびで退職する!

上記3つのサービスなら、どれも即座に退職代行が利用できますよ!