【まとめ】退職代行業者・弁護士の紹介

ネクストステージ(NEXT STAGE)のメリット・デメリット【口コミや評判も紹介】

「もう我慢できない!退職したい!」と考えたときに利用すると便利なのが退職代行です。

近年、退職代行サービスの需要は高まっていて、実際に利用したという人は増えています。

しかし、さまざまなサービスがあって、「どれを利用すればいいかわからない」という人も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では退職代行サービスの1つである「ネクストステージ(NEXT STAGE)」についてまとめました。

どんなサービスなのか、どういうメリット・デメリットがあるのか紹介します。

「ネクストステージってどんなサービス」と疑問をいだいている人はぜひ参考にしてみてください。

ネクストステージ(NEXT STAGE)ってどんなサービス?

会社に行って担当者に退職の希望を伝えるのが嫌だと考えている人のためのサービスが退職代行です。

ネクストステージを利用することで、退職のやり取りを代行してもらえます。

実際に会社の担当者と顔を合わせる必要はなく、余計な負担やストレスなくスムーズに退職できるのが特徴です。

退職が完了するまでネクストステージはすべてのことに責任を持ってサービスを提供します。

そんなネクストステージのサービスについて紹介していきます。

ネクストステージ(NEXT STAGE)の特徴

ネクストステージは完全代行システムによって退職代行サービスを提供しています。

退職するために必要なことをすべて代行するのが特徴です。

このネクストステージを利用することで、勤め先と退職に関する話をする必要がなくなります。

ネクストステージが依頼者に代わって会社の人と退職の話を進めてくれるのです。

なお、退職届や会社からの貸与品などのやり取りは郵送で行うことができ、完全に会社に行く必要がなくなりますよ。

ネクストステージ(NEXT STAGE)の料金

ネクストステージの退職代行の費用は下記の通りです。

・正社員・契約(派遣)社員 35,000円(税込)

・アルバイト・パート 20,000円(税込)

追加費用は一切かからないシステムとなっています。

また、一括で費用を支払うことが困難な場合には、分割による仕払いの相談に応じてくれます。

ネクストステージ(NEXT STAGE)の成功率

ネクストステージ(NEXT STAGE)の退職代行サービスは、基本的に成功率がほぼ100%となっているのが特徴です。

退職の意志を示せば、従業員は退職できると法律で決められています。

たとえ、会社側が拒否したとしても、退職する権利は認められているのです。

そのため、ネクストステージを利用して退職の意志を担当者に伝えれば、後は必要な手続きを進めて、会社を辞めることができます。

ネクストステージ(NEXT STAGE)で退職するまでの流れ

ネクストステージを利用して退職するための流れは以下の通りです。

1. 退職代行サービスの利用相談

2. 退職代行サービスの申込み

3. 退職代行開始

退職代行サービスの利用相談

相談はLINEやメール、電話で受けつけています。

多くの相談が寄せられているため、急ぎの場合はLINEやメールによる相談のほうがスムーズに対応してもらえるでしょう。

退職代行に関してどのような希望でもできるだけ対応してくれます。

自分の置かれている状況を詳細に説明して、どのような対応ができるのか説明してもらいましょう。

どのような疑問や悩み、不安であっても、何でも気軽に伝えてください。

退職代行サービスの申込み

サービスの説明や見積りなどに納得できたならば、申込みをしましょう。

依頼をする際には、費用を振込み、ネクストステージのほうで確認できれば、退職代行に着手します。

当日の15時までに振込みを済ませられれば、当日に退職代行をスタートしてもらえます。

15時以降の振込みでは、入金確認が翌日になるため注意しましょう。

退職代行開始

ネクストステージのスタッフが、依頼者の勤め先に対して退職に関する連絡をします。

退職が完了するまで、スタッフが対応してくれます。

最終的に退職に関する書類などのやり取りを済ませれば、退職できます。

ネクストステージ(NEXT STAGE)のメリット・デメリット

ネクストステージのメリットは以下の3つです。

・料金形態がシンプル

・顧問弁護士による指導のもとに業務を行っている

・北海道から沖縄まで数多くの依頼をこなしてきた

デメリットは以下の2つです。

・退職届や貸与品などは自分で郵送する必要がある

・会社との交渉を代行することはできない

ネクストステージ(NEXT STAGE)のメリット

ネクストステージは料金形態がシンプルでわかりやすいです。

正社員・契約社員の場合とアルバイト・パートの場合で料金が異なります。

それぞれ代行費用が明確に決められていて、追加費用は一切かからないのがメリットです。

また、ネクストステージは顧問弁護士がいて、指導を受けながらサービスを提供しています。

退職代行業者として法的に認められる範囲で業務を行っているため、安心して依頼できます。

ネクストステージは全国で対応していて、北海道から沖縄まで退職代行の実績がある点もメリットです。

ネクストステージ(NEXT STAGE)のデメリット

ネクストステージに依頼したとしても、退職届の作成や提出、貸与品の返却などは自分で行わなければいけないのがデメリットです。

ただし、これらはすべて郵送でやり取りすることが可能なため、会社の人と顔を合わせる心配はありません。

もう一つのデメリットとして、退職代行サービスでは交渉事を代行することは不可能です。

たとえば、有給休暇を消化するための調整や業務の引き継ぎなどに関する交渉を任せることはできません。

これらの交渉事を代理できるのは弁護士のみであり、弁護士でない業者のスタッフは対応できないため注意しましょう。

ネクストステージ(NEXT STAGE)の口コミ・評判

最後にネクストステージを実際に利用した人の口コミや評判をみてみましょう。

すんなりと退職できました

私の会社は人手不足で雰囲気が悪く、業務の負担も大きくて辛かったです。

そこで、別の会社に転職したいと考えたのですが、会社の人に辞めると言い出せずに困っていました。

そんなときにネクストステージを利用したのですが、スムーズに退職できたのでよかったです。

即日対応で退職できました

現在の会社に不満を抱いていたため、転職活動をして、すでに転職先が決まっていました。

しかし、これまでお世話になった会社に辞めるとはなかなか言い出せず、このままでは転職先での仕事が始まってしまうため困りました。

そこで、ネクストステージに相談したところ、その日のうちに対応してもらい、あっという間に会社を辞めることができました。

そのおかげで新しい会社にスムーズに移ることができて助かりました。

まとめ

今回は退職代行を頼める「ネクストステージ(NEXT STAGE)」について、サービスの特徴やメリット・デメリットなどを解説しました。

退職の意志を会社の人に直接伝えるのが困難な人のために連絡を代行してくれるサービスです。

追加費用がかからず、明確な料金設定でサービスを提供していて、退職が完了する最後まで面倒を見てくれます。

顧問弁護士もいて、法律を守って業務を行っているため、信頼できるのも魅力です。

退職について悩んでいる人はぜひ参考にしてください。