退職代行の問題点

退職代行サービスは無断欠勤(バックレ)扱い?損しないための対策法

退職代行サービスで無断欠勤になる場合も?損しないための対策法

退職代行サービスを利用したいけど、無断欠勤の扱いにされてしまわないか気になる

無断欠勤をすると会社に迷惑をかけてしまいますし、新しい職場を探すときにマイナス評価になると損をしてしまいますよね。

退職代行サービスで無断欠勤になってしまうのか無断欠勤にならないためはどうすべきか、という点を説明していきます。

退職代行を使うと無断欠勤になる?

退職代行を使うと無断欠勤になる?

退職代行サービスを利用しても無断欠勤にはなりません

従業員の側から退職の意思を伝えて会社を辞めるときは、法律の決まりでは「2週間前まで」に意思表示することになっています。

ということは、退職代行サービスを利用して退職すると伝えてから、実際に退職の扱いになるまで最低でも2週間が必要です。

ですが、退職代行で退職の意向を伝えていますし、退職代行実施日と実際の退職日は異なるので、無断欠勤にはなり得ません。

退職代行利用時の欠勤の扱い

退職代行を利用すれば無断欠勤(バックレ)にはなりません。

ただ、退職代行実行時から退職時までは、どのような扱いになるのでしょうか。

主に2パターンに分かれます。

  • 有給休暇を使用する
  • 欠勤扱い(無給)

 

有給休暇を使用する

有給休暇の残日数が残っている場合は、有給休暇の申請をすれば無断欠勤扱いにはなりません。

有給休暇は労働者の権利なので、特別な事情がない限り会社側は断ることができません。

有給の申請は、用紙に有給を取得する日付と理由をひとこと書くだけで申請できます。

欠勤扱い(無給)

もし有給休暇の残り日数がゼロの場合は、欠勤扱い(無給)となります。

【退職代行】無断欠勤をするとどうなるの?

無断欠勤をするとどうなるの?

先述の通り、退職代行を利用すれば無断欠勤(バックレ)にはなりません。

ちなみにですが、有給休暇の申請も欠勤連絡もどちらもせずに休むと、無断欠勤ということになってしまいます。

連絡無しで休むと会社の業務に支障が出てしまいますので、場合によっては懲戒解雇や損害賠償請求に発展する可能性もあります。

懲戒解雇の恐れがある

無断欠勤でそのまま退職すると、就業規則により懲戒解雇にされてしまう可能性もあります。

懲戒解雇になると、転職先の会社にt詠出する「雇用保険被保険者証」でそれとわかってしまう可能性があり、再就職のときに大きなマイナス評価になります。

ただし、企業としても従業員を解雇するのは大きなリスクが伴いますので、よほど悪質な場合に限られます。

損害賠償請求の可能性も

もし無断欠勤により会社に大きな損害を与えてしまうと、会社から損害賠償請求されてしまう可能性もあります。

ただし会社が一方的に賠償請求してくるわけではなく、一度裁判を起こして会社側が勝った場合に、裁判所が判決で認めた額の損害賠償請求があるという流れになります。

企業側としても、裁判をするとなると多大な費用と労力がかかりますので、実際に損害賠償請求にまで発展することはほとんどありません。

退職時のやりとりでこじれやすい

また、無断欠勤のまま退職になると、退職時のやりとりでこじれてしまうことが多いです。

会社から制服や作業服など貸与品がある場合は返却しなければなりません

すぐに返却せず連絡を無視し続けると、回収のために自宅訪問されるかもしれませんし、最悪の場合、窃盗という形で警察のお世話になる可能性もゼロではありません。

また、退職に伴う書類のやり取りもあります。

例えば、離職証明がもらえないと雇用保険の支給を受けられないということにもなりますし、源泉徴収票が受け取れないと払いすぎた税金が戻ってこないということもあります。

退職代行で無断欠勤と判断されないために

本来、退職代行サービスを使っているのであれば無断欠勤にはなりません。

しかし、会社側に無断欠勤と判断されてしまっては損ですから、できる限りの対策はしておきましょう。

  • 必ず欠勤連絡を入れる
  • 連絡をしたという証拠を残す
  • 退職代行業者に相談する

 

必ず欠勤連絡を入れる

繰り返しになりますが、無断欠勤と判断されないようにするためには、有給休暇の申請を行うか、欠勤連絡を入れるか、どちらか一方をする必要があります。

有給が残っていれば申請し、残っていなければ欠勤連絡は必須です。

この連絡は退職代行業者に任せてOKです。

連絡をしたという証拠を残す

無断欠勤と判断されないようにするためには、欠勤連絡を確実に行うことが大切です。

証拠を残すと言うと難しく感じるかもしれませんが、要は客観的に欠勤連絡をしたことが分かればよいのです。

たとえば欠勤連絡の電話をしたときの発信履歴を保存しておいたり、メールで欠勤連絡するなら送信したメールを保存しておいたりして、証拠を残すようにしましょう。

もし郵送で退職届を送るなら、その中に欠勤するということを記載して送るのもひとつの方法です。

退職代行業者に相談する

確実に無断欠勤を回避するために、退職代行業者に相談してみるのも手です。

退職のプロなので、穏便・円滑に退職するためのアドバイスをくれます。

まとめ:退職代行でも無断欠勤にはなりません!

まとめ:退職代行でも無断欠勤にはなりません!

退職代行サービスを利用する場合は無断欠勤にはなりません。

念には念を入れて、各手続・連絡の証拠を残すようにしておけば問題は起きないはずです。

それでも不安な場合は、退職代行サービスを利用するときに、確実に無断欠勤にされないようにしたいということを相談するのがおすすめです。

退職代行サービスを上手に活用して、安心して新しいステップに進めるようにしましょう。

 

なお当サイトでは、信頼のできるおすすめの退職代行業者も紹介しています。

ぜひ併せてご覧ください。

信頼のできるおすすめの退職代行業者

「退職代行業者、多すぎてどこを選んだらいいか分からない…」という人もいるかと思います。

そんな人は、以下の3つのうちからどれかを選んでおけば間違いありません!

①退職代行SARABA
退職できなければ全額返金!27,000円で退職可能な退職代行サービス

>>まずはSARABAの詳細をチェック
>>今すぐSARABAで退職する!

 

②退職代行ニコイチ
退職成功率100%継続中!退職代行実績14年の老舗サービス

>>まずはニコイチの詳細をチェック
>>今すぐニコイチで退職する!

 

③弁護士法人みやび(汐留パートナーズ法律事務所)
残業代・有休消化請求可能!弁護士によるフルサポート付きの退職代行サービス

>>まずは弁護士法人みやびの詳細をチェック
>>今すぐ弁護士法人みやびで退職する!

上記3つのサービスなら、どれも即座に退職代行が利用できますよ!