退職代行の問題点

退職代行を利用しても、退職に失敗することはあるのか

退職代行を利用しても、退職に失敗することはあるのか

退職代行を利用しても、退職に失敗することはあるのでしょうか?

退職代行の成功率は100%ではありません

退職代行を利用しても失敗してしまうことはあります。

しかし、かなり特殊なケースといえるでしょう。

基本的には会社は辞めると申し出があった方の意見を受け入れるしかありません。

自信を持ってアクションを起こしましょう。

相手の会社から拒否された場合は、まずは再度強く退職の意思を伝えてください。

それでも退職を拒否されるような言動があった場合は、訴訟の意思を伝えても良いかもしれません。

個人には退職の意向が尊重されるべきなので堂々とした態度で臨みましょう。

退職代行を利用して退職しなかったケース

退職代行を利用して退職しなかったケースを紹介します。

休職を提案された場合や仕事を引き続きする気持ちの変化があった場合です。

退職の意思を告げても、優秀な職員には職場を去ってほしくないと考える方が多いでしょう。

職場と退職代行の利用者が歩み寄りをすることにより退職をとどまるケースがあります。

相手の会社から拒否される理由は辞める時期を延ばされる、人がいないことを理由にされるなどだと思います。

たしかに会社の言い分が納得できるケースもあると思いますが、
一人退職したからといって会社の運営に支障がきたすことは、
会社としてあってはならず会社としての機能が不十分だといえます。

求人を募集して補充することはいくらでもできます。

会社の都合に流されず強い意志を持つことが最も大切です。

心配を抱えないようにしましょう

失敗することや拒否されることはあまり考えずに退職代行を使いましょう。

失敗や拒否される確率は高くないです。

もしも拒否された場合はそのときに次の対策を考えましょう。

労働者が退職したいという権利は保障されています。

一般的には1か月前、法的には2週間前に退職の意思を伝えれば認められることがほとんどです。

何かのトラブルで仕事に行きたくないときは退職代行を使い、もう仕事場に行かない選択も可能です。

パワハラ・セクハラなどの圧力で悩んでいる方は積極的に主張しましょう。

退職代行を利用し毎日の苦痛から脱出できれば良いと考えます。

仕事に行けないぐらいつらい時は

退職代行を利用し仕事に行かないということはネガティブなことではありません。

精神的なストレスで仕事に行きたくてもいけない方も多いでしょう。

体調不良で仕事を休むこと、有給休暇の申請を退職代行の担当者に伝えて下さい。

担当者は利用者の親身になって様々なことを提案してくれます。

自分自身がうまく会社に伝えられないことを代行してくれるサービスです。

一定の金額は必要ですが、精神的なストレスの軽減のために必要であるサービスといえます。

失敗しないためのポイント

賠償金の請求について

退職後の会社から損害賠償請求をされる心配をされている方が多いです。

損害賠償請求といわれると多額の金額を請求されることをイメージされ恐怖を抱く方がいますが、あまり心配はいりません。

退職後の裁判、訴訟はほぼないと考えて大丈夫です。

訴訟の面倒すぎる手続きは会社側も敬遠します。

退職代行を使うことで嫌がらせを受けないか

退職後に嫌がらせを受けないか心配されている方も多いです。

私物を返してくれない、離職票の送付をしない、悪いうわさを流すなど自分にとって不利益なことをされないか不安になりますよね。

私物は退職予定日までに少しずつ持ち帰るようにしましょう。

健康保険証などはすみやかに返しましょう。

会社に返すもの、持ち帰るものは退職予定日までに完了しておくとトラブルが起きにくくなります。

離職票を退職者に送らないことは違法です。

いやがらせで行う場合は少ないですがあるようです。

一定の期限までに送付がなければ、ハローワークに離職票を交付してもらえます。

悪いうわさに関しては退職代行を利用しても通常の退職でも可能性が考えられます。

ネガティブな感情にならず、自分の思いのままに退職できる当然の権利と考え強い意志を持って実行しましょう。