退職代行の問題点

退職代行のメリット、デメリット

退職代行のメリット、デメリット

退職代行のメリット

退職の成功率はほぼ100%

1つ目のメリットは、退職の成功率がとても高いことです。

民法では退職の意思を伝えてから2週間で会社を辞めることができるとされています。

就業規則よりも民法が優先されるので、ほぼ100パーセントに近い確率で会社を辞めることができます。

嫌な上司に会わなくても辞められる

2つ目のメリットは、嫌な上司に会うことなく会社を辞めることができることです。

退職の手続きはハードルが高いと感じる方も多いでしょう。

しかし、電話連絡の際も退職代行サービスのスタッフが実施してくれます。

そのため、精神的ストレスが少なく退職の手続きを進められます。

またやめる際に引き留められたり、嫌なことをいわれないか不安に感じます。

退職の時期ですが、最短で当日にやめることができます。

退職したくてもなかなか言い出せずにいる方は時間を無駄に過ごしているといえます。

金額面では弁護士に直接依頼するより、退職代行を利用した方が安く退職代行のサービスを受けることができます。

退職したことで仕事がなく不安な気持ちになる方は多いと思います。業者によってはアフターケアの相談がサービス内容に含まれます。

このようなサポートが手厚い退職代行のサービス会社を選んでみても良いと思います。

ブラック企業に勤めている方の利用が多いです

ブラック企業に勤めている、上司からパワハラにあっているといった方は積極的に使うことをおすすめします。

退職で悩む方が多いことから認知され始めたサービスです。

なかなか会社を辞められない方は多くいます。簡単にやめられない環境で働いている方もいると思います。

辞めたいと言ったのにやめさせてくれない、社員のことを考えてくれない職場があることも事実です。

このような悪質な職場がなくなれば退職代行のサービスの需要もなくなります。

誰しも退職に関しては面倒な思いや悩みを抱えた経験があると思います。

メリットの大きいサービスです。

・退職代行のデメリット
⇒デメリットへの対策方法

退職代行のデメリット

一定の金額が必要です

金銭的な負担があります。

数万円は必ずかかるので安くはない金額です。

退職には本来はかからない金額が必要になるのでもったいないと思う気持ちもあると思います。

しかし、考え方によってはお金を払ってでも退職代行を利用したいと思う方は多いでしょう。

会社に対する嫌悪感が強ければ強いほどそのように思うはずです。

退職後には上司、同僚と良い関係でいることができないかもしれません。

退職前には十分にあいさつをすることができずに職場を去る可能性が高いためです。

退職代行を使うことに理解ができない方も会社にはいるでしょう。

特に年代が上がるにつれて最近の退職代行を使った退職は違和感を感じそうです。

退職後も職場の方々と良好な関係を保ちたい方は退職代行のサービスを使うかもう一度考えてもらいたいです。

退職代行には悪質なサービスを行うところもあります。弁護士資格のないスタッフが交渉する、料金が不明瞭などです。

情報収集、口コミを確認するなどして対策を行いましょう。実績の高い退職代行を選ぶと良いでしょう。

一番大きなデメリットは金銭面だと感じます。

しかし、精神的に追い込まれている方などはメリットが多いです。

これからもっと認知度が上がってくるサービスに思います。

周りで退職代行を使っている方がいなくても気にすることなく自分の意思を表現しましょう。

退職代行を使うかは葛藤があります

悩んでいてもなかなか解決はしません。

自分の明るい未来のために退職代行を使うことを検討してみてはいかがでしょうか。

興味のある方は無料相談サービスを使ってみて下さい。

ネットで退職代行のサービス内容を閲覧するだけでも良いです。

退職代行の体験談を聞くことで参考になるかもしれません。

使ったことのないサービスを使うことは不安もありますが、利用者の満足度も高いサービスとなっています。