退職代行に対するイメージ

退職代行で辞めると迷惑になるのか|円滑に進めるポイントも紹介

退職代行で辞めると迷惑になるのか|円滑に進めるポイントも紹介

辞める側からするといろいろとメリットの多い退職代行。

会社側からみたときには果たして迷惑になるのでしょうか?

「会社に迷惑をかけたくない」と退職代行の利用を悩んでいる方のために、会社側からみた退職代行を利用された場合のどんな迷惑がかかるのかをお伝えします。

退職代行で辞めると迷惑になるのか

迷惑か迷惑でないかでいうと、退職代行を利用することそのものは会社側から見てもそれほど迷惑にはなりません。

結局辞めるのならむしろ効率的

退職代行を利用してもしなくても、結局辞めるのであればそれほど迷惑はかかりません。

むしろ、退職を止めるために実施する面談などの労力が省けるので、効率的ですらあると思います。

「退職代行に頼むほど、この人は会社をやめたいんだ・・・」という認識になるので、そこまでの退職意向を持っている人に退職抑止をしても無駄です。

この無駄な時間を使うなら、会社の利益を上げる業務に注力したほうがよっぽど生産性が高いですよね。

 

また、代行業者が退職希望者に対してしっかりアドバイスをしてくれるので、貸与物の返却や書類のやり取りが本人を介するよりスムーズになる可能性もあります。

これも、会社側からすれば効率的です。

迷惑になるケースもある

少ないですが迷惑となり得るケースもあります。

どのような辞め方が迷惑となるのか、具体的なケースを挙げておきます。

引継ぎがしっかりできていない

これが最も発生する可能性が高い迷惑です。

退職代行を使うということは、代行業者から連絡があるまで会社に対しては退職したい旨を伝えていないことが多いです。

 

また、伝えていたとしても辞められなかったから退職代行を利用している、と考えられるため、いずれにしても引継ぎが公にできない状況であったはずです。

そうすると、なるべく迷惑をかけずに辞めたいが引継ぎができないまま退職代行を利用し、その後一度も出勤しないので、会社はその人の業務を一から掘り起こし、急遽対応しなければいけないので大きな時間と経費、取引先の信頼などのロスになります。

有給などをしっかり使われる

退職代行業者は、有給休暇の消化についてもアドバイスをくれるところもあります。

個人で退職した場合、会社になんだかんだと言いくるめられて有給休暇を消滅させてしまったり、そもそも有給休暇のことまで頭が回らないこともあります。

退職代行を使えば、ほぼ有給休暇を消化してやめることができるので、会社からしてみれば経費が増えます。

 

しかし、迷惑といえば迷惑ですが労働者からすればれっきとした権利です。

迷惑がかかるというよりも、ただ当たり前にある権利を行使しているだけなので気にする必要は無いです。

就業規則に定められている退職金や未払い残業代なども、同様のことが言えます。

私物をまとめたり、貸与物の返却が滞るのは迷惑

これらは会社側からすると結構手間です。

自分で辞意を伝え、一定の期間を経て辞めた場合は、会社は最終出勤日までに貸与物を直接回収できます。

私物がある場合はそれも自分でまとめて持ち帰ってくれるので郵送も不要ですし、守秘義務の誓約書などの退職手続き書類の記載も直接してもらえるので楽です。

 

しかし、代行業者を使うと基本的にやりとりは、会社と代行業者になることが多いのでどうしてもタイムラグが生じます。

貸与物の中でセキュリティカードなどの重要性が高いものは、紛失リスクが伴うことから一刻も早く回収しないといけないので、このタイムラグが非常に迷惑になります。

 

また、直接退職者とやりとりがあるとしても、メールや電話、郵送などの間接的なやりとりになりますので直接会ってやり取りするよりもコミュニケーションが煩わしいものになります。

このような事態が発生すると、忙しい中遅々として進まないやり取りをすることになる会社としては迷惑になります。

感情的な迷惑

従業員に退職されるとき、会社は少なからずショックを受けます。

いままで一生懸命教えてきた従業員かもしれませんし、成長を期待していろいろな仕事を任せている従業員かもしれません。

 

そのように信頼していた人に対しては会社としても思いがあるはずで、それを直接本人に伝えられないまま、代行業者が退職意向を伝えてきて粛々と事務手続きを行うということは、会社側からするとつらいものです。

なかには怒りを覚える人もいるでしょう。

それら“負の感情”を芽生えさせること自体は、ある種迷惑とも言えます。

 

しかし、そもそも退職代行を利用しないといけない状況を作るような会社は、代行業者を利用することで
与えられる負の感情よりも、大きなマイナスの感情を労働者に与えてきていることでしょう。

それを考えれば、会社側はそのくらいの迷惑は与えられてしかるべきだと思います。

迷惑をかけずに退職するための4つのポイント

以上を踏まえて、退職代行を利用しても迷惑をかけずに会社を辞めるためにはどうすればよいか、というポイントをお伝えします。

結論から言えば、退職代行を利用したからこそという特別な迷惑はほぼありませんが、下記の4つは注意しておきましょう。

・引き継ぎ書をしっかり作っておく
・私物はすべて回収しておく
・貸与物は会社においておくか、レターパックなどの追跡可能な方法で迅速に送る
・必要な退職書類のやり取りは可能な限り迅速に行う

以上の4つだけ押さえておけば、大丈夫です。

それ以上の会社への迷惑は考える必要はありません。

「迷惑になったらどうしよう」と悩んでいる間にも、あなたの大切な時間はどんどん失われていきます。

取り返しがつかなってからは遅いですし、効率的に辞めるためにも、退職代行を利用して次に進むことをオススメします。

まとめ:やるべきことをやっておけばむしろ感謝されるべき

退職代行を利用して迷惑がかかるとすれば、それは大半が「引継ぎ不足」と「退職処理の遅滞」です。

ここさえしっかりしておけば、退職代行を利用したからと言って迷惑がかかることはありません。

 

むしろ慰留の期待を持たせずに済むことや、代行業者が入ることで退職手続きをスムーズに行えることなど、会社側にもメリットはあります。

仮に無断欠勤のまま飛んでしまったり、引継ぎもろくにしないまま退職したりすると最悪の場合損害賠償に発展するケースもあります。

会社に対していろいろな思いもあるかもしれませんが“立つ鳥跡を濁さず“の精神で、やるべきことはしっかりと迅速にやって次のステップに全力を注げるようにしましょう。