退職代行の基本情報

弁護士による退職代行サービス|サービス利用にかかる費用は?

弁護士による退職代行サービス|サービス利用にかかる費用は?

最近話題の退職代行。

主に弁護士事務所が行っていることが多いようですが、弁護士に依頼するとなると、かなり高いイメージがありますよね。

実際、退職代行サービスを利用する場合の費用は、どのくらいかかるのでしょうか?

追加料金などを請求されたらどうしよう、と二の足を踏んでいる方もいらっしゃるとおもいますので、いくつかの弁護士事務所ごとに、料金を調べてみました。

弁護士に退職代行を頼んだ時の費用相場

まずは基本料金はどれくらいかを調査したところ、以下のような結果になりました。

相場は20000円~65000円+税

相場は20000円~65000円+税で、正社員の場合の退職代行費用で一番多いのは「50000円+税」でした。

少し幅がありますが、意外にリーズナブルな業者もあることがわかります。

雇用形態ごとに変わる費用

上記は、正社員の場合の費用になりますが、雇用形態がアルバイトやパートなどの場合は、もっと安価に設定している業者もありました。

アルバイトの場合の料金相場としては、「30000円+税」というのがボリュームゾーンでした。

弁護士事務所によっては、正社員もアルバイトも関係なく、一律料金で設定しているところもあるので、自身の雇用形態に照らし合わせて、業者を選んだ方が良いでしょう。

基本料金のほかに、追加料金はないの?

大体の場合、退職代行サービスにかかる費用は、前払い制になっていますが、追加料金などが発生するかどうか、心配なところですよね。

結婚式などは、あれもオプション、これもオプションで、最終的に最初の見積もりの倍くらいになっていた筆者ですが、退職代行サービスではどうでしょうか?

ほぼ基本料金に含まれている

退職をする際に必要な費用は、基本的にはすべて料金に含まれているところが多いようです。

例えば、退職意思の通知をするために「内容証明郵便」というものを利用するのですが、これは利用料金が1252円かかります。

ほとんどの業者で、これは基本料金に含まれていますので、そのあたりは安心ですね。

貸与物返却にかかる配送代などは実費になるケースが多い

ただ、以下のようなケースの配送代は、実費担になるケースが多いようです。

例えば、会社から借りているセキュリティカードや、資料などは、退職時に返却しなければいけません。

直接、自身で返却にいけば費用はかかりませんが、直接会社に行きたくない場合でも、業者が代わり行くことは無いと思ってください。

そのため、それらを返却するためには、配送するしかないのですが、この配送料は実費になります。

また会社においてある私物の回収も、同様の扱いになります。

貸与物や私物がある場合は、追加で費用を払いたくないのであれば、事前に返却・回収しておくことをおススメします。

未払い残業代などの部分はオプション料金&成功報酬として支払い

未払い残業代や退職金の交渉などを代行業者に依頼する場合は、ほとんどの場合オプション料金となります。

さらに会社と交渉した結果、支払いを勝ち得た場合は、そこから成功報酬を支払わなければいけません。

上記二つの大体の料金相場は、「着手金10万円」+「成功報酬として会社から支払われた額の20%」となっているようです。

得られるであろう金額と照らし合わせて、業者と相談しながら、オプションを利用するかどうか決めたほうが良いでしょう。

実際の費用例

いくつかの弁護士事務所の費用を比較してみました。

まだ始まって間もないサービスだからか、若干料金設定やオプション内容にバラつきがあるようです。

利用する際は、直接確認したうえで、利用したほうが確実だと思います。

遠方でも、スカイプなどで対応してくれる事務所もありましたので、立地に関係なく利用できます。

ITJ法律事務所

https://www.japanlaw.net/%E9%80%80%E8%81%B7%E4%BB%A3%E8%A1%8C/
・一律 19900円(税込)
※内容証明費用などの基本実費含む(私物返却の配送費用は自己負担)
※未払い残業代、給与、退職金請求は、成功報酬として経済的利益の20%(訴訟等の場合は+5%)

中野駅前総合法律事務所

https://nakano-houritsu.com/service/retirement-acting-service/
・非正規社員 30000円+税
・正社員 50000円+税
※退職代行以外のサービスについては、任意交渉の場合には成功報酬として10万円+税、および経済的利益の税別20%(ただし最低成功報酬額は20万円+税)

弁護士法人 若井綜合法律事務所

https://wakailaw.com/taisyokudaiko/
・一律50000円+税
※尚、法的トラブルへの対応は別契約となります。

センチュリー法律事務所

https://taisyoku-daikou.com/
・一律65,000円+税
※未払い残業代、未払給料、退職金請求、パワハラ慰謝料は、着手金10万円+成功報酬として20%(訴訟等の場合は+5%)
※即日対応オプション +10000円+税
※担当弁護士指定オプション +5000円+税

ウラノス法律事務所

http://xn--u9j0f7b6d8fp23qnsyeldn9kq.com/fee.html
・正社員 50000円+税
・パート、アルバイト40000円+税
※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料)成功報酬 経済的利益の20%
※実費:郵送料など

フォーゲル綜合法律事務所

https://enman-taishokudaikou.com/?gclid=CjwKCAjwqfDlBRBDEiwAigXUaOgy87Ib6yAyYc1Ltj-kkR_bGHnQmyycENXVQQCVzIjapKoaSML-lBoCy8MQAvD_BwE
・円満退職代行プラン 30000円+税
・損害賠償請求あんしんプラス 50000円+税
※残業代請求、退職金の交渉、労災請求などは、オプション(別途料金)になります。

まとめ

弁護士の退職代行サービスを利用する場合の相場は「正社員50000円+税」「アルバイト30000円+税」ということがわかりました。

多くの業者において、未払い残業代等の交渉を依頼した場合は、着手金と成功報酬が支払額の20%程度が発生する、という仕組みでした。

また、私物や貸与物の配送代は、ほぼ実費になるため、退職する前に返却、回収しておくことをおススメします。

退職代行サービス自体、比較的まだ始まったばかりのサービスのため、料金設定やオプション、HPの書き方などが、業者によって結構ばらつきがありました。

後悔しないためにも、一度連絡して直接確認してから、利用するようにしてくださいね。