退職代行に関する疑問

【退職代行】保険証・書類などの貸与品の扱い|どうやって返却する?

【退職代行】保険証・書類などの貸与品の扱い|どうやって返却する?

会社に行きたくないから、退職代行を利用して会社を辞めたい!

でも、その場合は会社からの貸出品はどうなるのでしょうか?

保険証や書類など、貸し与えられた物をそのまま持ち続けるのは気分も悪いですよね。

この記事ではそんなお悩みを解決します。

保険証など、退職時に返却すべきもの

会社を退職するにあたって、以下の物を返却しなければなりません。

社員の証明となる物

・社員証

・社章

・名刺

健康保険証

健康保険は会社を通じて加入しているため、退職後は使えません。

転職先が決まっていれば、新しい会社で健康保険への加入手続きを行います。

しばらく就職の予定がない場合は「国民健康保険への加入」「配偶者や親の健康保険の被扶養家族になる」のいずれかを選ばなければなりません。

会社からの貸出品

通勤用の定期券

通勤定期券は「通勤に必要な定期券」なので、原則として退職日までに精算、返却しなければなりません。

制服や作業着

できればクリーニングをしてから、最低でも洗濯をしてしっかり畳んでから返しましょう。

鍵、カードキー

これらは持ち続けていることにより、疑いをかけられることがあります。

業務に使用していたもの

文房具やPC、スマートフォンやタブレットなど、私物以外のものはほぼ全て返却しなければいけません。

会社の重要な情報が含まれている物

・各種、資料データ

・調査報告書企画書図面

・取引先の名刺

・社内資料、社外秘資料、社内マニュアル

など。

個人で使用しているパソコンに社内のデータを保存している場合は、データの処分も忘れずに行いましょう。

保険証など、会社に返すべきものは郵送でOK

退職代行サービスを使った場合、保険証などの返却物は郵送で問題ありません。

郵送すれば会社の人と顔を合わせる必要もないですし、楽ですよね。

保険証を会社に郵送する方法と注意事項

ほとんどの退職代行サービスでは、本人から会社宛に直接郵送するという形になります。

退職代行業者は返却品を会社に持って行ってくれるわけではなく、あくまで会社と話をしてくれるという立場です。

ここは任せた気にならず、しっかりと自分で返却する物を整理して郵送しましょう。

郵送の手間を減らすなら、あらかじめ会社に置いておく

もし最後の出勤日が分かっているなら、会社に置いておくことも可能です。

郵送にもお金がかかりますし、退職代行を利用すると決めたらできるだけ会社に置いておきましょう。

万一、退職後も保険証や貸与品を会社に返却せず、放置しておいたら…

まず、保険証についてですが、会社を通じて健康保険に加入していたので、返却しなかった場合、その保険証は退職日の翌日に効力を失います。

そうなってしまうと、病院に行きたくても保険証がない!という事態になります。

保険証がない状態で病院に行っても、病院窓口では全額を負担する羽目になります。
(健康保険加入者の負担は3割)

また、会社から貸し出されていた物を返却しなかった場合、損害賠償請求されることも考えられます。

重要書類などから機密情報が漏洩してしまった場合も、会社から訴えられる可能性があります。

忘れずに返却してください。

まとめ:退職代行サービスに任せておけば保険証や返却物の心配はない

退職代行を利用すれば、会社に直接行かずに郵送で返却できるものがほとんどです。

「もう退職もするし、この会社とはおさらば!」と、思っていたとしても、借りた物を返すのは人間として当たり前のこと。

せっかく退職するのですから、しっかりと身辺整理し、晴れ晴れとした気持ちで退職をしましょう!