荷物・書類・保険などの扱いと各種手続き

源泉徴収票って何?いつ必要?という疑問に答えます【退職代行】

源泉徴収票って何?いつ必要?という疑問に答えます【退職代行】

会社で働いているとき、源泉徴収票という言葉を耳にしたことありませんか?

源泉徴収票とは、1年間の所得や支払った税金などの詳細を記した書類です。

会社を退職し「同年内に転職した場合は転職先の年末調整時」、また「確定申告」をする際などには源泉徴収票が必ず必要になってきます。

会社から発行してもらう書類になりますが、会社によっては言わないと発行してくれないところもあります。

この記事ではいろいろな場面で必要になってくる「源泉徴収票」について、発行されない場合や無くしてしまった場合などの対処法も含めてお伝えしていきます。

退職代行でも源泉徴収票は必ず受け取ろう!

退職代行を利用して会社を辞める場合でも、源泉徴収票は必ず発行してもらうようにしましょう。

源泉徴収票が必要になってくる場面は、以下になります。

・確定申告
・転職先の会社での年末調整
・扶養に入るとき
・保育園への入園時
・ローンの融資

これらが代表的な必要シーンです。

会社を退職していなくても、会社の給与以外に収入がある場合は確定申告をしなければいけませんので、源泉徴収票が必要になってきます。

同年内に転職先に入社した場合は、転職先の会社での年末調整に必要になりますので、必ず受け取って大切に保管しておいてください。

源泉徴収票のもらい方

退職した後に源泉徴収票を発行してもらう場合、どうすればいいか悩むと思います。

基本的には、会社の人事部や総務部に連絡をして源泉徴収票を発行してほしい旨を伝えれば、すぐに発行してもらえます。

一般的には普通に依頼をすれば発行してもらえるはずですが、会社の対応に不安があるときなどは、退職代行業者を通じて依頼して発行してもらうようにしましょう。

退職代行業者を利用することで、無駄なやり取りをせずに、またストレスを感じることなく源泉徴収票を発行してもらうことができます。

源泉徴収票は退職後いつもらえるの?

退職後に源泉徴収票をもらえるタイミングは、通常「12月の給与明細と同時」になることがほとんどです。

しかし、これは勤務を継続している場合の話になります。

年の途中に退職した場合(会社で年末調整をしなかった場合)は、その会社でもらえる最後の給与支払い日以降(その会社で支払われる給与の確定後)であれば、いつでも発行できるはずです。

発行時期の目安としては、退職後1か月前後、遅くても1か月半くらいまでには届けてもらえるはずです。

原則、会社側は退職者が出た場合、1か月以内に源泉徴収票を税務署および本人に交付しなければならないことが、所得税法で決まっています。

※参考:所得税法 第二百二十六条
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=340AC0000000033_20180401_429AC0000000074&openerCode=1#1971

しかし、残念ながら依頼をしないと発行してもらえない会社もありますので、退職時は依頼することと、いつ頃手元に届くかを確認しておきましょう。

会社とは、口頭に加え後の言った言わないを避けるため必ずメールなどの履歴に残る方法でやり取りするようにしてください。

また給与明細をウェブ上で発行している会社は、同じく源泉徴収票もウェブ上にアップされることがあります。

法的にはウェブ上でも問題なく、印刷すれば何度でも使用できるので便利です。

源泉徴収票がないときの対処法

退職後いざ必要になった時、源泉徴収票が手元にないときの対処法をお伝えします。

源泉徴収票が発行されない場合

基本的には、前職の会社に連絡して源泉徴収票の発行を依頼すれば1か月程度で発行されます。

しかし「依頼しても全然送ってこない」「会社が倒産している」などのっぴきならない事情がある場合は、最終手段として税務署に相談すればOKです。

また「辞めた後会社に連絡するのが気まずい」という人は、退職代行業者を利用して伝えてもらったら良いと思います。

源泉徴収票を紛失した場合

「発行してもらった源泉徴収票を紛失してしまった。。。」ということもあると思います。
焦らなくて大丈夫です。

無くしてしまった場合も、また会社に依頼すれば発行してくれます。

ただ退職時の発行と違って1か月以内などの期限がないうえ、こちらの都合で発行してもらうものになるので、忙しい時期などは後回しにされる可能性もあります。

とくに年末に近づくにつれ源泉徴収票の発行依頼が増えてきて、会社側も発行手続きに時間がかかる場合が多いので、なるべく早めに依頼しておくことをおすすめします。

再発行を依頼するときは、切手付きの返送用封筒を郵送したり、直接取りに行くなどの配慮をすれば会社側もしっかり対応してくれるでしょう。

それでも発行してもらえない場合は、その会社を管轄している税務署に相談してください。
状況に応じて「源泉徴収票不交付の届出書」というものを税務署に提出すれば、会社へ指導が入り、発行せざるを得なくなります。

まとめ・源泉徴収票はかならず手元に保管すべし

源泉徴収票の必要性や、手に入れる方法がお分かりいただけたと思います。

とても大切な書類ですので、どんな辞め方をした会社であっても必ず発行してもらい、大切に手元に保管するようにしてください。

少しブラックな会社の場合は、源泉徴収票のやり取りがスムーズにいかないケースもあります。

そんな時は、自身で税務署に相談するのも良いですが、退職代行業者を活用するのもアリだと思います。

源泉徴収票の発行以外にも、退職時のトラブルを避けるために退職代行業者は重宝するサービスだと思いますので、ラインなどで一度相談してみてくださいね。